知って得する給湯器取り付け情報
給湯器取り付けの疑問解消マニュアル
第1位

湯ドクター

  • 取扱メーカー:約57社
  • 対応:全国
  • 昭和2年創業
詳細はこちら

最大65%引き
のキャンペーン
あり!

第2位

アイリン

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏の一部
  • 平成4年創業
詳細はこちら
第3位

リビングセンター

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏・近畿の一部と福岡
  • 昭和42年創業
詳細はこちら

追い炊き・お湯張り機能の有無

新規購入、買い換え時ともに、お風呂への給湯と追焚きは迷いやすい項目です。
お風呂に関する機能だけをピックアップすると、「追焚き」「高温水供給」「風呂釜」となります。ただし「高温水供給」と「風呂釜」は、新規での設置が減っていることから減少傾向にあるようです。

簡単につけられるお風呂の追焚き機能

多くの場合は、追焚き機能を付けるか付けないかを選ぶことになると思われます。
追焚きは浴槽に循環用の穴が必要となり、浴室隣接設置なら2穴、設置フリーなら1穴が必要です。追焚きを使用しない給湯専用なら循環穴は必要ありません。

浴槽の加工は、給湯器の取り替え工事と一緒に依頼できる販売店が多いようです。後から配管を通す工事もできますし、今の循環穴を閉じるのも簡単な工事で可能です。

最近は設置フリー型が増えるにつれて、1穴の追焚きが人気を集めているようです。循環の勢いが強く、2穴に比べて湯垢の心配も少ない機種が増えています。

お湯張り機能のフルオートとオート

追焚き型の浴槽へのお湯張り機能には、フルオートかオートが主流になっています。今はスタンダードタイプの製品は少数となりました。
フルオートとオートの違いは、自動足し湯や配管クリーン機能の有無と保温の仕方が異なります。

設定温度での自動湯張り、自動ストップ、自動追焚きはどちらのタイプでも可能です。フルオートなら家族で順番に使用していく場合、前の人が使ったあとに自動で湯量や温度を設定通りに戻してくれることになります。オートタイプは足し湯ボタンなどで手動となり、お湯の管理には一手間が必要です。

4人以上の家族で順番に入るような家庭ならフルオートがとても便利ですし、夫婦のみの家庭や入浴時間が離れている場合は、オートでも不便を感じないようです。