知って得する給湯器取り付け情報
給湯器取り付けの疑問解消マニュアル
第1位

湯ドクター

  • 取扱メーカー:約57社
  • 対応:全国
  • 昭和2年創業
詳細はこちら

最大65%引き
のキャンペーン
あり!

第2位

アイリン

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏の一部
  • 平成4年創業
詳細はこちら
第3位

リビングセンター

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏・近畿の一部と福岡
  • 昭和42年創業
詳細はこちら

都市ガスとプロパンガスのちがい

給湯器を選ぶときに気をつけておきたい都市ガスとプロパンガスについてくわしく解説していきます。

都市ガスとプロパンガスはどうちがう?

給湯器を選ぶ場合には、まず住んでいるところが「都市ガス」と「プロパンガス」のどちらであるかを調査しておかなければなりません。

基本的にはこの2種類のガスには、どちらが高出力か、性能がよいかといった大きな違いはなく、使用時に特別に気をつけておかなければならないといったこともありません。それでは、なぜ「都市ガス」「プロパンガス」の2つのガスがあるのでしょうか?

じつは大きなちがいは「原料」。都市ガスは燃えやすい気体である「メタン」を主成分に持っている天然ガスで、プロパンガスは、その名の通りプロパン・ブタンが主成分として使われています。また、都市ガスのほうが空気よりも軽く、プロパンガスは空気よりも重いという特徴があります。

ふたつ目の大きなちがいとしては、取り扱っているガス会社のちがいがあるでしょう。都市ガスは、地域や自治体と供給契約を取り交わすことで使用することができますが、プロパンガスは、地域のプロパンガス会社と直接契約して使えるようになります。また、都市ガスの場合には道路の下を通っているガス管などを通じて供給されていますが、プロパンガスは、プロパンガス会社からボンベを自宅まで配送してもらうことで、各家庭で使用できるようになります。そのため、まだガス管が通っていない場所では、プロパンガスが大きな生活エネルギーとなっている地域も珍しくありません。

2つのガスを比較してみると「値段」も大きなちがいとなってきます。一般的に都市ガスのほうがプロパンガスよりも安価で使うことができるといわれています。また、プロパンガスを使用する場合には、最初に契約時の預かり金として1万円ほどを預ける必要があることも大きな違いとなってくるでしょう。

給湯器を使う場合の注意点

都市ガスやプロパンガスを使用する場合には、工事が必要になってきます。給湯器を使用するときには、専用の配管をするだけでなく、給水、給湯・追い炊き、電気などの配管・配線工事を行われければなりません。

そのためには「ガス可とう管接続工事監督者(都市ガス)」「液化石油ガス設備士(プロパンガス)」「第二種電気工事士もしくは同等以上の資格」といった都市ガスやプロパンガス工事に特化した資格を保有したスタッフが必要になってきます。また、それぞれに配管工事を行わなければならず、それに準じた技術力や部品なども必要不可欠です。