知って得する給湯器取り付け情報
給湯器取り付けの疑問解消マニュアル
第1位

湯ドクター

  • 取扱メーカー:約57社
  • 対応:全国
  • 昭和2年創業
詳細はこちら

最大65%引き
のキャンペーン
あり!

第2位

アイリン

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏の一部
  • 平成4年創業
詳細はこちら
第3位

リビングセンター

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏・近畿の一部と福岡
  • 昭和42年創業
詳細はこちら

給湯器の修理や交換にかかる費用

このページでは、給湯器の修理や交換にかかる費用についてくわしく解説しています。

給湯器を修理・交換した場合の費用は?

毎日のように使用する給湯器。冬の寒い季節に突然動かなくなってしまうと、それだけで満足のいく生活を送れなくなってしまいます。

さらに気になるのは、修理や費用にかかる費用。給湯器自体が安いものではないので、いったいどれほどのお金が必要なのか、とても気になるところです。

給湯器の修理にかかるお金

給湯器にかかる修理費用は、その故障の箇所によって変わってきますので、一概にこの値段と明示することはむずかしいといわれています。

また、費用は使用年数によっても大きく変わってきます。一般的に給湯器の耐用年数は10〜15年ほどだといわれていますが、10年経過した時点で修理を施した場合、メーカーに部品があればいいのですが、年数が経ち過ぎると部品在庫がないケースがあります。

仮に在庫があったとしても、高価になってしまうことがほとんどで、実は交換するほうが安価でできたということも少なくないのです。

給湯器の交換にかかるお金

それでは、交換の場合にはどれほどの費用が必要になるのでしょうか? この場合、かかる費用の内訳は下記のようなものになります。

  • 取り外し&取り付け費用
    15,000円
  • 給水工事
    8,000円
  • 給湯工事
    8,000円
  • リモコン工事
    12,000円
  • ガス工事
    12,000円

工事の内容などはその時によって変わってきますので、あくまで参考までに。この金額に給湯器本体の価格も加算されるので、平均すると10〜15万円ほどの費用が必要になってくるでしょう。

オススメは省エネ給湯器

近年では、給湯システムの開発も着実に進歩しているおかげで、熱効率がよく光熱費も節約できる給湯器が数多く販売されています。そのなかでも特にオススメなのが「省エネ給湯器」。従来の給湯器では取り除かれていた排気熱をリサイクルすることで、80%程度しかなかった給湯熱効率が95%まで向上させることに成功したり、12%ほどの光熱費カットが実現できたりと、さまざまなメリットがあります。

近年では、こういった省エネ給湯器に国が補助金を交付することもあり、地域や自治体によってはさらにお安く購入・設置をすることができるので、大変便利です。