知って得する給湯器取り付け情報
給湯器取り付けの疑問解消マニュアル
第1位

湯ドクター

  • 取扱メーカー:約57社
  • 対応:全国
  • 昭和2年創業
詳細はこちら

最大65%引き
のキャンペーン
あり!

第2位

アイリン

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏の一部
  • 平成4年創業
詳細はこちら
第3位

リビングセンター

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏・近畿の一部と福岡
  • 昭和42年創業
詳細はこちら

給湯器の寿命

このページでは、一般的な給湯器の寿命に関する情報をくわしく解説しています。

一般的な給湯器の寿命(耐用年数)

家庭にあるテレビや洗濯機などと同じく、当然給湯器にも適切に使用することができる「耐用年数」が設定されています。この年数はメーカーや機種、使用頻度や設置している場所の環境によって変わってきますが、一般的には「10〜15年」ほどだとされています。

しかし、その年数内であれば使用し続けてもかまわないこということではありません。明確な故障が表面化していなくても、外部や内部の部品が年を経ることによって劣化していたり、基盤などが焼きつきなどを起こす摩耗を起こしていれば、10年以内であっても修理や交換などを処置を行われければならないのです。

重要なのは交換のタイミング

給湯器を修理してそのまま使いつづけるか、または新しいものに買い換えるかは、その時の故障原因によって変わってきます。

例えば、使用年数が10年ほど経過している状態であれば、交換を踏まえた処置を考えておく必要があるでしょう。部品などがメーカーに常備していればいいのですが、10年も経ってしまうと残存している部品も少なくなってしまいます。仮に部品が残っていた場合であっても、費用が交換よりも高額になるケースも多いといわれているのです。

給湯器は使用年数が経過するごとに故障を起こす確率が高くなる製品であることをあらかじめ知っておくことによって、コストや交換をスムーズに行うことも可能です。

それは定期的なメンテナンス。給湯器は毎日使いつづけるものなので、多くの家庭で定期的なメンテナンスが行われていない電化製品といわれています。

余裕があれば1年ごとに定期的なメンテナンスを専門業者に依頼して、つねに給湯器を最良な状態にしていくことで、故障の原因となる経年劣化や、部品の故障などを迅速に発見することができ、内容に応じた修繕を行うことが可能になります。また、使用年数を把握しておき、交換時期を確認しておくこと、急な交換を行う手間を回避することもできるようになります。

評判の良い給湯器取り付け業者をランキングしてみました!