知って得する給湯器取り付け情報
給湯器取り付けの疑問解消マニュアル
第1位

湯ドクター

  • 取扱メーカー:約57社
  • 対応:全国
  • 昭和2年創業
詳細はこちら

最大65%引き
のキャンペーン
あり!

第2位

アイリン

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏の一部
  • 平成4年創業
詳細はこちら
第3位

リビングセンター

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏・近畿の一部と福岡
  • 昭和42年創業
詳細はこちら

給湯器の故障のサイン

「お湯が沸かない!」「正常に動いてくれない!」といった給湯器の故障に関するトラブルについてくわしく解説しています。

見逃してはいけない給湯器の故障のサイン

暑い夏場などはいいですが、身も凍るような寒い冬の日に、急に給湯器が故障して使えなくなってしまったら…。実は、このようなトラブルはひんぱんに起こっています。

特に気温が低下するとともに、水温も低くなりがちな冬場では、給湯器もお湯を沸かすのに夏場以上のパワーが必要になってきます。そのぶん負担も大きくなってしまい、急に故障してしまうことが多いといわれているのです。

さらに、冬場はそのようなトラブルが頻発するので、工事も混み合い、場合によっては10日以上かかってしまったというケースも少なくありません。

そのような急な故障では元も子もありませんが、実は給湯器のトラブルというのは、それまでの故障の積み重ねに起因するものが多いといわれています。その際に数多くのサインが出ており、これを見逃すことにより、状態がより悪化してしまうことも珍しくないのです。

給湯器が発する故障のサイン

それでは、給湯器が出すといわれている故障のサインをいくつか紹介してみましょう。

  • 設定温度通りにお湯が沸かない
    長年給湯器を使いつづけると、外部や内部の部品が経年劣化などによって故障して、設定温度通りのお湯が沸かなくなってしまうことがあります。
  • 給湯器自体から水漏れがしている
    部品などが摩耗や経年劣化によって傷んでくると、まれに水漏れを起こしてしまうことがあります。これをそのままにしてしまうと、水が電気系統に影響を与えてしまい、給湯器の電源自体が入らなくなってしまうといった症状に発展してしまう場合もあります。
  • 給湯器から煙やにおいが発生してしまう
    まれに給湯器を発火させても不完全燃焼を起こしてしまい、給湯器から黒煙が出たり、においが発生してしまうことがあるようです。最悪の場合には使用しているガスに引火してしまうことも十分に考えられるので、使用をするのを控えて、速やかに専門業者を呼んで修理をしてもらうようにしましょう。

このほかにも、それまで聞いたこともないような音を出すようになったりと、さまざまな故障のサインが出るといわれています。

気づいた時には、無理に使いつづけるのは止めて、業者に修理を依頼するようにしましょう