知って得する給湯器取り付け情報
給湯器取り付けの疑問解消マニュアル
第1位

湯ドクター

  • 取扱メーカー:約57社
  • 対応:全国
  • 昭和2年創業
詳細はこちら

最大65%引き
のキャンペーン
あり!

第2位

アイリン

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏の一部
  • 平成4年創業
詳細はこちら
第3位

リビングセンター

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏・近畿の一部と福岡
  • 昭和42年創業
詳細はこちら

給湯器が凍結してしまったら

冬などの外気が原因で起こってしまうと、給湯器自体が凍結してしまうことがあります。その際に必要な対処法や気をつけておきたいポイントを紹介していきましょう。

給湯器が凍結してしまった場合の対処法

空気が乾燥して気温が極端に低下すると、給湯器にはさまざまなトラブルが生じてしまうことがあります。そのなかのひとつが「凍結」です。

外気温がゼロ度を大きく下回ってしまった場合、給湯器からつながっている水道の引き込み管、本体内部にあり水道水が出入りする排水管、ガス釜を通っている水道水が凍結現象を引き起こしてしまい、円滑な循環を妨げてしまう場合あります。

厄介なことに、比較的暖かい地域でもこの凍結が起きてしまうことがよくあるので、しっかりとその対処法を把握しておきましょう。

まずやっておきたいことは「自然解凍」です。本体のスイッチをOFF状態にして、太陽の光や高くなった気温が凍結した部分を解凍してくれるのを待ちます。

どうしても急いで凍った部分を解消したい場合には、給湯器の外側の部分にドライヤーの温風を当てたり、引き込み管などにお湯をかけたりすると使用できる状態にすることが可能になります。ただ、基本的にこの凍結が起こってしまった場合には、自然に解凍するのを待つことが最上の手段となるでしょう。

それでは、この凍結を防止するためには、どのような手段を講じればよいのでしょうか?

まずひとつ目は給湯器の水の通りを遮断してしまうこと。凍結の原因となる水分を取り除くことで防止する方法です。まずガス栓を閉じて、次に給水元栓の順番で閉じるようにして下さい。その後、給湯栓を開けて、水抜き栓を開けます。

注意しておくことは閉じる順番を間違ってしまうと、余計に水が漏れてしまい、凍結を招いてしまうことがよくあります。ふたつ目の手段としては、普段からお湯を蛇口から出すようにしておく方法です。こうすることで、配管自体に一定の温度をある程度保つことができるようになり、凍結を防ぐことができます。

業者をよぶ場合に注意しておくこと

もし緊急で業者をよんで不具合を解消したいという場合には、時間帯や会社の規模に注意しておく必要があります。外気が下がりやすい冬場になると、業者のほうには「凍結を解消してほしい」という要望の電話がひんぱんにくるようになります。

地域によっては、近隣エリアから同時にトラブル解消を依頼する電話が鳴り止まないことも珍しくなく、地域密着型の小さな会社だと、順番を待たなければなりません。そのため、あらかじめある程度のスタッフを有している大きな会社の給湯器を使うようにしておきましょう、迅速に対応してくれる可能性が高まります。