知って得する給湯器取り付け情報
給湯器取り付けの疑問解消マニュアル
第1位

湯ドクター

  • 取扱メーカー:約57社
  • 対応:全国
  • 昭和2年創業
詳細はこちら

最大65%引き
のキャンペーン
あり!

第2位

アイリン

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏の一部
  • 平成4年創業
詳細はこちら
第3位

リビングセンター

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏・近畿の一部と福岡
  • 昭和42年創業
詳細はこちら

エコ給湯器

最近はエコ給湯器と呼ばれる、熱効率を高めた給湯器が人気を集めています。
ガス・電気・石油それぞれにエコ給湯器が存在しており、中でもテレビCMなどで電気給湯器エコキュートが最も知名度が高いようです。

熱効率を高めて省エネできるエコ給湯器

エコキュートは、熱交換式の電気給湯器の愛称で、エアコンと同じ構造のヒートポンプを使用しています。ヒートポンプは大気の熱を回収して熱効率を高めることができ、カタログ値では熱交換率3.0以上というエコキュートの機種も増えています。
熱交換率3.0とは、消費する電気に対して3倍のエネルギーを作り出せることを指します。

一方、ガス式にはエコジョーズ、石油式にはエコフィールというエコ給湯器が存在し、この2種類は潜熱回収という方式を採用しています。
今までの機種ではそのまま放出していた排熱を、予熱として使用することで熱効率を高めています。つまり200度近い排熱を使い、バーナーで加熱前の水を予め温めるという仕組みです。
エコジョーズ、エコフィール共に熱効率95%となっています。

エコキュート、エコジョーズ、エコフィール、どれがお得?

熱効率だけを比較すると、エコキュートの3.0という数値が目を惹きます。消費する電力以上の熱を作り出せるのですから、これ以上のエコはありえないように思えます。

しかしエコキュートにも、いくつか問題点が指摘されています。まず第一にエコキュートは深夜に1日分のお湯をタンクに貯めるため、時間経過の放熱ロスが大きいという点です。
さらに、毎日タンク容量分のお湯を作るのに対して、お湯の使用量が少ないと無駄な湯沸が発生してしまうことになります。

これらのことから実用上の熱効率は1.9程度になると言われており、送電ロスの大きい電力では発電所からの総合エネルギー効率は70%程度にまで落ちてしまうという意見もあります。
対してエコジョーズ、エコフィールの実働効率は約90%と言われています。

ランニングコストでは圧倒的にエコキュートが安くなりますが、イニシャルコストと熱効率では都市ガスを使ったエコジョーズに軍配が上がります。