知って得する給湯器取り付け情報
給湯器取り付けの疑問解消マニュアル
第1位

湯ドクター

  • 取扱メーカー:約57社
  • 対応:全国
  • 昭和2年創業
詳細はこちら

最大65%引き
のキャンペーン
あり!

第2位

アイリン

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏の一部
  • 平成4年創業
詳細はこちら
第3位

リビングセンター

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏・近畿の一部と福岡
  • 昭和42年創業
詳細はこちら

電気給湯器

電気による給湯器には電熱ヒーター式と熱交換式の2種類があり、どちらも沸かしたお湯を貯湯タンクに蓄えておく方式です。

深夜電力で湯沸かしできる電気給湯器

電力会社によって時間設定は異なりますが、電気料金の割安となる午後11時~朝7時までの時間帯に稼働させるタイマー制御が一般的です。朝7時の時点で貯湯タンク内のお湯温度が80度~90度になるまで沸かしておき、一般電気料金となる昼間はタンク内から給湯をすることで電気料金を抑えられるようになっています。

タンク容量は150L~550L前後までがあり、吸排気や燃料設備を必要としません。電熱ヒーター式は設置地域を選ばず、寒冷地でも使用可能となっているようです。
近年はオール電化住宅が注目されるにつれて、人気が高まっている方式です。

電気式のメリット

熱交換式はエコキュートとも呼ばれ、エアコンと同じ原理によって熱エネルギーを作り出す方式です。ヒートポンプによって大気の熱を使うことで、使用する電力量以上の熱量を作り出すことが可能となっています。

最大のメリットは安価なランニングコストであり、電熱ヒーター式でもガス給湯器や石油給湯器に比べて安価となるケースが多いと言われています。

電気式のデメリット

しかし、同時にデメリットも多く、貯湯タンクの設置スペースや給湯の勢いが弱い点、急な来客で貯湯を使い切ると水になってしまう点などが挙げられます。

また、エコキュートは購入時のイニシャルコストがとても高額で、ヒートポンプは寿命となる7~10年ごとに交換が必要になります。
それら全てのコストを考慮しても、長い期間で見れば他の方式より安価となるケースが多いと言われていますが、給湯器としては手間がかかる方式となります。