知って得する給湯器取り付け情報
給湯器取り付けの疑問解消マニュアル
第1位

湯ドクター

  • 取扱メーカー:約57社
  • 対応:全国
  • 昭和2年創業
詳細はこちら

最大65%引き
のキャンペーン
あり!

第2位

アイリン

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏の一部
  • 平成4年創業
詳細はこちら
第3位

リビングセンター

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏・近畿の一部と福岡
  • 昭和42年創業
詳細はこちら

暖房機能付き給湯器

お湯を沸かすとともに、床暖房までできてしまう給湯システムを内蔵した給湯器についてくわしく紹介します。

家じゅうを暖かくできる床暖房機能付き給湯器

この床暖房機能付き給湯器のシステムを簡単に説明すると、電気やガスで沸かしたお湯を、床下のパイプに循環させることで、部屋自体も暖かくすることができます。すでに沸騰しているお湯を床下に流し込むので、電気を使った暖房と比べても、素早く部屋を温めることができ、面積が広い部屋でも割安で暖めることが可能です。

このようなスピーディーで大きい面積の部屋も暖めることができるパワーを持っていながら、給湯器自体はコンパクトで通常の給湯器と同程度のサイズがほとんど。設置場所もあまり必要としないので、戸建住宅はもちろん、マンションなどの集合住宅でも簡単に取り付けることが可能です。

設置を考えるときには「立地」「生活のスタイル」「コスト」といった3つのポイントを抑えておくといいでしょう。

まず、自宅がマンションか戸建住宅か、場合によっては温水配管工事などが複雑となってくるので不可能な場合があります。また、生活をする時間帯や部屋の広さなどもしっかりと頭に入れておかなければ、場合によっては余計にコストがかかってしまう場合もあるので、設置前に確認しておきましょう。初期費用やランニングコストなども考慮して、メンテナンスがしっかりとしている会社で導入を開始することも抑えておかなければなりません。

床暖房機能付き給湯器のメリット

前述のとおり、給湯器自体もあまり既存のものと変わらないので、コンパクトで場所を用意する必要がありません。マンションのような集合住宅でも簡単に設置することが可能です。

また、ふく射熱(お湯から出る赤外線)によって部屋全体を暖めることができるので、光熱費も抑えることができます。

床暖房機能付き給湯器のデメリット

ガスと電気によってちがいがありますが、ガスを使った床暖房は、床下に温水パネルを設置して、温水配管工事などを行う必要がでてきます。その分、コストや時間もかかる場合があるので、設置の際にはきちんと確認しておく必要があるでしょう。

また、熱源機が故障してしまった場合には、機器によっては部品の交換に費用がかかる恐れもあります。