知って得する給湯器取り付け情報
給湯器取り付けの疑問解消マニュアル
第1位

湯ドクター

  • 取扱メーカー:約57社
  • 対応:全国
  • 昭和2年創業
詳細はこちら

最大65%引き
のキャンペーン
あり!

第2位

アイリン

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏の一部
  • 平成4年創業
詳細はこちら
第3位

リビングセンター

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏・近畿の一部と福岡
  • 昭和42年創業
詳細はこちら

ガス給湯器

燃料に都市ガスやプロパンガスを用いて湯沸かしをする方式が、ガス給湯器です。
最も広く普及している方式で、台所や洗面所付近に直接設置する小型のものから、業務用途に使われる大型のものまで、幅広いタイプが存在します。

バリエーション豊富なガス給湯器

家庭用としては瞬間湯沸式が一般的で、貯湯式は業務用の一部のみに使用されています。
以前は台所や風呂にそれぞれ1台ずつ小型ガス給湯器を取り付けている家庭が多く見られましたが、最近は1台のガス給湯器で給湯と風呂を全てカバーすることが増えているようです。

屋内屋外の設置場所を問わないため、床置き型や壁掛け型など豊富なバリエーションが選べるのも特徴です。

ガス式のメリット

ガスは燃料制御が容易なことから単純な構造をしており、なおかつ高い給湯能力を持っています。
水道水の圧力そのままに給湯することが可能で、蛇口を捻るだけでいつでも必要な時にお湯を得られるようになっています。

寿命を迎えるまで故障が少なく、安定した能力を出せるメリットもあり、普段は湯沸かし器の存在を意識せずに使えます。

ガス式のデメリット

デメリットとしては運転音の大きさと排気、給湯能力を超えた時の温度低下が挙げられます。
運転音は屋外設置では気になるほどではありませんが、隣家や寝室などの近くに取り付ける場合は考慮が必要です。

屋内設置の場合は吸排気の配管か換気設備が必要となり、不完全燃焼や立ち消えに気を配らなければなりません。また、お湯の使用量に合わせた能力を持つ製品を選ばないと、お湯の温度が上がらなくなることがあります。

このようなデメリットはありますが、広い普及率が示すように最も給湯器として扱いやすい方式と言えます。熱効率を高めたエコジョーズと呼ばれる省エネタイプも登場しています。