知って得する給湯器取り付け情報
給湯器取り付けの疑問解消マニュアル
第1位

湯ドクター

  • 取扱メーカー:約57社
  • 対応:全国
  • 昭和2年創業
詳細はこちら

最大65%引き
のキャンペーン
あり!

第2位

アイリン

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏の一部
  • 平成4年創業
詳細はこちら
第3位

リビングセンター

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏・近畿の一部と福岡
  • 昭和42年創業
詳細はこちら

石油給湯器

燃料に灯油を用いて燃焼バーナーによる給湯をする方式が、石油給湯器です。ここでは、石油式の特徴とメリット・デメリットを紹介します。

今なお人気の高い石油式給湯器

かつては貯湯タンクを持つタイプが主流でしたが、現在はガス給湯器同様に扱える瞬間式が増えているそうです。1970年代のオイルショックによって需要が大きく落ち込んだことから、便利な瞬間式やコンパクトな製品が開発されたことが背景となっています。
壁掛け型も発売されており、設置場所に合わせて製品を選べるようになっています。

灯油は、石油ファンヒーターに使用する物と同じ灯油が使用でき、ガソリンスタンドや巡回販売から購入するのが一般的です。80L~190L前後の灯油タンクの設置が必要です。

石油式のメリット

エコ志向が高まる今日でさえ、根強い需要がある石油給湯器には大きなメリットと大きなデメリットが共存しています。

メリットとしては灯油燃焼によるパワフルな給湯が可能で、瞬間式であればガス式のように給湯器として扱いやすい点が挙げられます。原油価格に左右されるもののランニングコストに優れ、寒冷地との相性も良好です。

石油式のデメリット

デメリットとしては何よりも排気臭と作動音となり、都市部など隣家との間隔が狭い地域ではトラブルの原因となるケースも珍しくないそうです。

灯油タンクの設置場所と定期的な給油も必要なため、日々の手間がかかるのも難点です。また、その場で灯油を燃焼させることから、エコや環境へのイメージが悪いことも挙げられます。

これらデメリットが気になる場合は受け入れられない反面、許容できる場合は非常に魅力的な方式となります。今も根強い人気もあり、統計ではガス式に次いで普及しているという統計もあるそうです。