知って得する給湯器取り付け情報
給湯器取り付けの疑問解消マニュアル
第1位

湯ドクター

  • 取扱メーカー:約57社
  • 対応:全国
  • 昭和2年創業
詳細はこちら

最大65%引き
のキャンペーン
あり!

第2位

アイリン

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏の一部
  • 平成4年創業
詳細はこちら
第3位

リビングセンター

  • 取扱メーカー:約12社
  • 対応:首都圏・近畿の一部と福岡
  • 昭和42年創業
詳細はこちら

種類別設置方法の注意点

ここでは、ガス給湯器、電気給油器、石油給湯器の設置や取り付けに関して、よくある疑問をもとに注意点をまとめてみました。

ガス給湯器の取り付け・設置の注意点

殆どの場合、ガス給湯器は屋外に設置されます。その場合、特に注意するのは以下の2点です。

  • 機械をビニールで覆わない
  • 洗濯物が触れないようにするなど、排気通路を防がない

また、冬場にガス給湯器を取り付ける場合、給湯器内に残った検査水が凍ることで、給湯器が作動しない場合があります。さらに、給水管が凍ることでプラスチック管が破損することもあるので、保温材で包むなどして凍結対策をおすすめします。

電気給湯器の取り付け・設置の注意点

最近ではインターネットやホームセンターなどで小型の電気給湯器などが販売されています。それならば自分で設置してもいいのか?と、DIYを試みる家庭もあるようですが、基本的には業者にお願いするのが賢明です。

というのも、正しい配線工事にはノウハウや独特の道具が必要であることはもちろんですが、万が一の故障の際のサポートも、施工業者に初めからお願いしていれば、スムーズに受けられます。

電気給湯器をネットやホームセンターで安く買って、DIYを試みたという体験談なども見受けられますが、結局のところメンテナンスや手間を考えると、業者にお任せしたほうが良かったという意見も多くみられます

灯油給湯器の取り付け・設置の注意点

灯油給湯器は、灯油をためる大き目のタンクが必要なうえに、灯油燃焼時の排気臭、騒音が他の給湯器に比べ影響があるため、近隣環境に十分注意し、場所を選んで取り付ける必要があります。

また、ほとんどの場合屋外に設置することになるため、灯油が終わったらわざわざ外に出て自ら給油しなくてはなりません。

シャワーや入浴中に灯油切れを起こすと、お湯が急に水に代わってしまうことも。冬場は灯油が十分タンクに残っているか、常に気にかけて設置しなくてはなりません